×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

近視レーザー手術の方法

近視レーザー手術にはPRK手術とレーシック手術というものがあり、それぞれ内容が異なります。レーシック手術では角膜の表面にフラップというフタを作ります。これにはマイクロケラトームという名の精密な装置を用います。そのフラップを裏返した後で露出した角膜をエキシマレーザーというレーザーで正確に削り、再びフラップを元に戻して終了する手術です。

入院の必要がないことがレーシック手術の特徴で、痛みを抑えるために点眼麻酔を使用します。次の日から視力が回復しますので仕事や学校に復帰できます。両目同時に手術をすることも十分可能で、レーシック手術による近視レーザー手術は片方の目の手術の所要時間は10分程度です。手術中の痛みもほとんどなく、出血もないことがレーシック手術の特徴といえます。

レーシックの手術後に少ししみるような感じにはなりますが、翌日には目が多少ごろごろする程度です。近視レーザー手術の方法であるPRK手術は、フラップを作成せずにエキシマレーザーを角膜表面に照射する手術方法です。PRK手術は術後に視力が安定するまで1週間前後かかってしまいますが、手術によって合併症を併発する可能性が少ない方法です。

レーシック手術やPRK手術によって、視力は1.0前後にまで回復します。とはいえ、回復量は元々の近視や乱視の度合いで左右されることが多いようです。手術を受けるかどうか決める時は、手術を担当する医師とよく相談して手術を受けるべきか否かを考えましょう。

関連サイト


近視レーザー手術のメリットとデメリット

視力回復のための近視レーザー手術には、当然ながらそれぞれ利点と欠点があります。手術を受けることの利点は、なんといっても裸眼で生活ができることでしょう。コンタクトレンズや眼鏡を使わずともよくなるのです。コンタクトレンズは維持にお金がかかるものですし、コンタクトも眼鏡もそれなりに値段の張る買い物ですか、近視レーザー手術を受ければ視力矯正具は使わなくなります。

近視レーザー手術そのものは痛みを伴わず、時間もそれほどかからないという点も魅力的です。また、近視レーザー手術は合併症の危険性も低いですし、成功率もかなり高いです。正常な視力を永続的に得たい人にとって、近視レーザー手術はとても重要です。ただし、近視レーザー手術ならではの欠点も存在します。

近視レーザー手術は誰でも受けられる手術では無く、目の状態やその他の病気などによってできない場合もあるのがデメリットです。万が一の失敗がないわけではありませんが、失明した例は存在しないようです。近視レーザー手術は外科的手術であり、角膜を直接処理します。近視レーザー手術は近視治療の新しい技術なので、施術後に長い時間が経過した時に視力は維持され続けるのかは実証がなされていません。

近視レーザーによる手術は費用が高いのもデメリットで、保険が利きませんので、平均して10万円前後から50万円ほどかかることもあるようです。近視レーザー手術にはさまざまなメリット・デメリットがありますので、よく比較検討して本当に自分にこの手術が必要なのか判断する必要があるでしょう。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 近視レーザー手術の方法 All rights reserved.
- ホームページSOS -